デジタルセキュリティの表紙に移動

オリンピック史上初めて、選手の認定とアクセスに顔認識システムが使用される, ボランティアとスタッフ. Atosはパナソニック機器とNECソフトウェアを組み込むこのソリューションの開発を担当している会社です.

オリンピック

Atos 高度なアクセス制御システムを開発しました (AACS) オリンピックのために 東京 2020, ITソリューションと機器を組み込む パナソニック および顔認識ソフトウェアから Nec.

国際オリンピック委員会のグローバルITパートナーとして, そして、夏季オリンピックのこの版のグローバルソリューションのインテグレーター, Atos は、アクセス制御システムの高度なバージョンを監視および検証します。.

このソリューションの目的は、セキュリティを向上させ、フェンスへのアクセスを容易にすることです 300.000 東京オリンピックに関わる人々 2020, 顔認識を使用する, 以前のエディションの認定構造と比較して、入学時間を短縮する識別プロセス.

オリンピック東京 2020 NEC 顔認識

選手に顔認識システムを使用するのはオリンピック史上初めてです, ボランティアとスタッフ.

東京組織委員会DNP・トップパンのサプライヤーとして 2020, Atosは、アクセスセキュリティシステムでICチップを使用します 350 エントリ ポイントを 43 本部, 公式および非競争競技の両方, 国際放送センターを含む (IBC), メインプレスセンター (Mpc) そしてオリンピック村.

ICチップはアスリートの認定カードに統合されます, 連盟とオリンピックファミリー全体.

各認定者の顔の画像は、顔のデータを格納するNECの顔認識システムによって検証されます. 各アクセスポイントで、認定カードの画像と顔認識システムのデータを組み合わせて身元を確認します。.

「東京オリンピックに参加するすべての方が安全な環境を作り出すことを大変嬉しく思います。 2020. NECとパナソニックのコラボレーションにより, 私たちは、セキュリティレベルを向上させ、エントリのポイントで待ち時間を短縮する顔の治療に基づいて、新しい認定とアクセスシステムを提供します", コメント パトリック アディバ, アトースのエグゼクティブバイスプレジデント、オリンピックのCEO & 主なイベント.

この記事は気に入りましたか?

私たちの購読 RSS フィード そして、あなたは何も見逃すことはありません.

その他の記事について , , , ,
によって • 26 海, 2019
• セクション: アクセス制御, メインハイライト, 検出